松戸市の公営斎場での葬儀

千葉県松戸市で葬儀を執り行う場合には、松戸市か運営している公営斎場を利用することが可能です。


この場合、市民については優遇されているため、式場の使用料が一般的な相場にくらべて相当低くおさえられており、費用の負担が軽減されます。
逆に、市民以外が利用する場合には、費用は高くなりますので、この点については注意をしておかなければなりません。

松戸で葬儀をわかりやすく説明しています。

松戸市の斎場は、火葬場と併設になっていますので、通夜や告別式が終了したあとで、ただちに火葬場に移して火葬を行うことができます。通常はありがちな、別の式場から霊柩車やマイクロバスで遠くにある火葬場まで移動しなければならないような手間はかかりません。



斎場内には複数の式場がありますので、葬儀の規模にあわせて選ぶことができます。

具体的には、家族葬のように小規模に行うのか、それとも親族、地域や会社などから多くの人が参列する大規模なものなのかによって、式場を変えることになります。



公営斎場はあくまでも場所を貸し出すことがサービスとしてのメインになっていますので、祭壇の貸し出しはあるとしても、そのほかの当日の司会進行、導師の迎え入れ、焼香のための仏具の手配などといった細々としたことは、すべて自力でしなければなりません。
自力とはいっても、喪主がすべてをできるわけはありませんので、市内にある葬儀社に依頼をした上で、いっさいの準備を行ってもらうことになるのが一般的なありかたといえます。